スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Large Companies, Big on Supporting Child Care Leave

Large companies are expected to increase their support for employees taking child care leaves from April. Sony Corporation created a system of paying an allowance of 50,000 yen and a major supplier of auto parts Akebono Brake Industry will increase allowances for those on child care leave. Mitsui & Co., one of Japan’s largest trading companies, will allow male employees to take a maximum of eight weeks on child care leave. Companies are making efforts to nurture corporate environments where employees are more at ease to take child care leaves by softening the paycheck slashes many on child care leaves have suffered in the past. The move will also support the government’s efforts to combat the aging society.





Sony’s new policy applies to full-time employees, including term-contracted employees, with children under the age of one. Employees may choose from the two selections: (1) Employees planning to be on child care leave for a long time will be paid an allowance of 50,000 yen per month, and (2) Employees who do not need to be on child care leave for a long time will be allowed 20 days of paid absence. The company will also start programs to allow pregnant employees to take paid absence when feeling sick, and to allow female employees to take paid absence to care for children over the age of one. NIKKEI NET



スポンサーサイト

2007年03月29日 News トラックバック:0 コメント:2

Employees Abandoning Defined Contribution Pension Plan

According to research conducted by the Federation of National Pension Funds in January 2007, 74,600 or approximately 60 percent of Japanese employees switching jobs are neglecting to transfer their defined contribution pension plan to their new employers. The research reveals that not enough employees are taking advantage of the fund transferring system installed to reflect the changing employment environment in Japan. The Ministry of Health, Labour, and Welfare entered into discussing alternatives such as creating a fund to manage pension plans of employees switching jobs so they are automatically transferred to new employers.





Defined contribution pension plan was introduced in 2001 and 8,000 companies have adopted them as of January 2007. Approximately 2.18 million employees in Japan are enrolled as of June 2006. [NIKKEI NET]



2007年03月26日 News トラックバック:0 コメント:2

Keidanren to propose relaxing requirements for issuing visas to foreign workers

Nippon Keidanren finalized its proposal to request the acceptance of more foreign workers. The organization will request the Japanese government to relax the requirements for issuing visas to foreign workers possessing highly technical knowledge and skills such as engineering in order to increase Japanese companies’ global competitiveness. To facilitate acceptance of foreign nationals, Nippon Keidanren also proposed its efforts to strengthen corporate compliance and municipal governments’ support to lay down necessary infrastructures for admitting more foreigners.





According to a survey conducted by Nippon Keidanren to its member corporations, strong demand existed for specialists such as those in information technology, research and development in high technology, and international operations, underscoring the competitiveness in retaining international personnel.



2007年03月24日 News トラックバック:0 コメント:2

Ministry of Justice to Issue Requirements for Granting Visa to non-Japanese Nationals

The Ministry of Justice, on March 17, announced to issue a guideline outlining requirements for non-Japanese nationals in Japan to changing and extending visa status. Currently, the decision to grant or extend visa status is left to the discretion of immigration officers and the system has been criticized as lacking transparency by applicants and businesses. By including objective standards, the guideline aims to be comprehensive to non-Japanese nationals. The guideline is expected to be released within 2007.





Immigration Control and Refugee Recognition Law provides that the Minister of Justice grant permissions for changes and extensions to visa status. In practice, the authority is delegated to regional immigration control officers where permission is granted based on the officer’s overall examination of lives and activities of applicants through document submissions and interviews. Currently, no documents exist that explicitly state the requirements for granting permissions. [NIKKEI NET]



2007年03月21日 News トラックバック:0 コメント:2

時間外労働の割増率アップが意味すること -労務監査-

「厚生労働省は、長時間労働を減らすための残業代割増率の引き上げについて、今通常国会に提出する労働基準法改正案に「月80時間を超える残業に50%以上の割増率」という具体的数値を明記することを決めた。」(日本経済新聞、2007年3月9日)





割増率アップの理由として、割増率をあげることで企業の人件費負担へに意識を改めさせ、強いて長時間労働を抑制することがあげられています。しかし、この効果には期待できないでしょう。

その理由の一つとしてサービス残業があります。「サービス残業」とはその言葉通り、社員が残業代をもらいもしないのに「サービス」で「残業」をすることです。そもそも残業代を支払うためには、会社として一人一人の社員が毎日何時間働いたのかを管理する必要があります。そのために使用されるのがタイムカードです。しかし、このタイムカードは自己申告制であるため、社員がクロックアウト(帰宅のためにタイムカードを切ること)した後に仕事をすれば、会社としてはこれに対して残業代を支払うことはできず、まさに「サービス残業」となります。

このサービス残業を抑制するために効果的なのがいわゆる「労務監査」です。「監査」という言葉を聞くと、公認会計士が上場企業の財務諸表を監査する「監査」、が連想されますが、この監査という言葉は「監督し検査する」という意味です。つまり、社会保険労務士や人事労務の専門家が企業が正しくタイムカードを利用しているかなどを「監督し検査する」ことでサービス残業を抑制することが期待できます。なお、その場合、監査業務に精通した公認会計士と提携することで手続的ノウハウを伝授してもらうことが効果的でしょう。

関連記事: 時間外労働の割増率アップが意味すること -ワーク・ライフ・バランス-



2007年03月19日 News トラックバック:0 コメント:4

時間外労働の割増率アップが意味すること -ワーク・ライフ・バランス-

「厚生労働省は、長時間労働を減らすための残業代割増率の引き上げについて、今通常国会に提出する労働基準法改正案に「月80時間を超える残業に50%以上の割増率」という具体的数値を明記することを決めた。」(日本経済新聞、2007年3月9日)





残業代割増率の枠組みとしては、1ヶ月の残業時間が、

①45時間以下だった社員対し最低25%の割増率
②45時間超80時間以下だった社員に対してはそれより高い割増率
③80時間超だった社員に対しては50%以上の割増率

という3段階方式を盛り込む。

厚生労働省が決めたこの数字自体に日本の長時間労働の問題がうかがえる。そもそも、1日8労働時間を採用している現行労働基準法を参考としても、1ヶ月45時間の残業をするということは、1ヶ月で5週間分以上の仕事をすることを意味している(1日8時間、1週間5労働日で40時間)。ここは、45時間ではなく、せめて「40時間」としていただきところである。果たして、日本でワーク・ライフ・バランスは実現するのであろうか。



2007年03月18日 News トラックバック:0 コメント:4

Social Insurance filings for newly hired employees

I mentioned previously in Social Insurance System – types of health insurance and in Social Insurance System – types of pension insurance that new hires are AUTOMATICALLY enrolled and covered under both employees’ health insurance and employees’ pension insurance. But that doesn’t mean that employers can sit back and do nothing.





Provided that the employer has completed his/her registration with the district Social Insurance Office (管轄社会保険事務所), an employer is required to file a Status Acquisition Form (資格取得届) with the district Social Insurance Office within 5 days from the date of hire. Although Social Insurance Offices are authorized to impose penalties for noncompliance (filing after 5 days), it rarely happens in practice.

Status Acquisition Form (note that there is no official English translation for the form yet) is an easy form to fill out and there really isn’t an excuse for not filing one. Required information are:

(1) employer social insurance identification number,
(2) first and last name of newly hired employee,
(3) date of birth,
(4) address,
(4) pension identification number,
(5) date of hire, and
(6) amount of expected compensation.

Filing of additional form, Dependents Declaration Form (被扶養者異動届), is required when the newly hired employee has dependents. The firm basically requires the same information as it did for Status Acquisition Form, but that of dependents. However, copies of certain official documents must be attached to prove your relationships with those you’re claiming as dependents.

The filing of these forms covers both Employees’ Health Insurance and Employees’ Pension Insurance. There is no need to file two separate firms for each. Once filed, the district Social Insurance Office will process the data within a few business days and issue a Health Insurance Certificate (健康保険証) or Health Insurance Card to you and each one of your dependents as claimed on the Dependents Declaration Form.



2007年03月16日 Social Insurance Law トラックバック:0 コメント:4

業務中の私用時間

米国の人材派遣会社 OfficeTeam の調査よると、米国の従業員たちは平均にして、1日36分、または週に3時間の業務時間を私用にあてていることことが分かった。





調査対象者にうち、男性回答者は1日44分、女性回答者は1日29分を私用にあてており、男性は女性より15分ほど多くの時間を仕事以外の時間に費やしていることが浮かび上がった。また、年齢別に見ると、18~34歳の従業員は1日平均45分、35~64歳の従業員は1日平均32分、65歳以上の従業員は1日平均17分をプライベートにあてていることが分かった。年齢が上がるに従って仕事のみに専念する傾向が見られる。

しかし、「1日のうち仕事とプライベートにあてられる時間は物理的に限られているため、従業員たちが業務時間のすべてを仕事に費やさないことは雇用者も認識している」と OfficeTeam の Daine Domeyer 氏は言う。また、「よい雇用者は従業員たちが仕事とプライベートを両立できるよう努力している」と言う。

そこで面白いのが毎年 Fortune Magazine が発表している 100 Best Companies to Work For である。2007年の調査では Google が首位、Starbucks Coffee は16位、Yahoo は44位、Microsoft は50位、Nike は69位、Aflac は73位、とトップ100には有名企業が名を連ねる。

あなたは1日の業務時間のうちどれぐらいをプライベートにあてていますか?会社は従業員のワーク・ライフ・バランスを真剣に考えてくれていますか?



2007年03月15日 News トラックバック:0 コメント:2

仕事の掛け持ち

米国では、7.7億人、労働人口の5%以上が二つ以上の仕事についていることが米国の労働統計局の調査で分かった。19人に1人という高い割合である。その背景には主に二つの理由が浮かび上がる。





一つは、アメリカ人の平均寿命が延びていることである。寿命が延びるということはそれだけ仕事に就いている年数も増える。そのため、自分に本当にあった仕事を探すため、多くの人が仕事を掛け持ちするようになりつつある。もう一つの理由は経済的事情によるものである。少しでも収入を増やそうと仕事を掛け持ちする人たちである。しかし、後者の場合はいくつかのリスクが伴う。長い労働時間からくる疲労や睡眠不足によって生産性や効率が低下し、本業に取り込む姿勢にモラルの低下が見られることが多い。

これに対し、前者の場合はいくつかの利点が目立つ。副業を通じて得た新たな職業スキルが転職の際に有利になるケースや、副業を通じて培った人脈が新たなキャリアへの道を開くことがある。また、長年就いていた仕事と異なった仕事を経験することで、日々の生活に刺激を送ることができ、それが精神的満足感につながることもある。

人気blogランキングへ。



2007年03月13日 News トラックバック:1 コメント:2

女性と老後

誰もが夢見る安定した老後の生活は、企業年金の廃止や減額など昨今の経済状況のなか大きく揺さぶられている。しかし、その揺れは男性よりも女性を脅かしている、と専門家は唱える。近年の離婚率・母子家庭の増加、育児のためのキャリア中断、男性よりも寿命が長いこと、などが要因となっている。今年4月1日から離婚時の厚生年金の分割が可能になるものの、それだけで老後の生活を安定的なものにすることは困難と思われる。壮年離婚後に労働市場に戻った場合でも、出産や育児のためキャリアから離れていた間に社会は大きく変動し、新たに技能を修得する必要が出てくる。営利を目的とする企業にとって、彼女らのトレーニングのために時間と資金を投資するは、若年層に同様のトレーニングを施すよりも高いリスクが伴う。つまり、労働市場に復帰するのも彼女たちのとっては容易ではない。さらに、年々改善は見られるものの、一般的に女性は男性よりも収入が低いため老後の資金作りが困難となる。





「根底的な問題として、女性は二重の負担を強いられている。男性よりもっと必要にもかかわらず男性よりもっと少ない。」とボストン大学 Center for Retired Research の Alicia H. Munnell 氏は言う。しかし、このような女性の問題を支える公的制度は現在整っておらず、現状としては女性自らで長い老後の生活に向けて蓄えを作っておく必要がある。「母子家庭の場合、毎月$50でもどこか利回りの得られるところに入れておくことが何よりも重要」と54歳シカゴ市のバス運転士 Monica William氏は言う。

しかし、日本の場合は状況が少々異なると思う。日本では銀行口座に貯金をしていても利息は0.5%程度である。これに対して、アメリカでは現在利息5%程度が容易に得られる。つまり、アメリカでは、毎月$50を25歳から65歳までの40年間、利息5%で回した場合、最終的に$76,301(1ドル116円の為替レートを想定した場合8,850,916円)となる。これに対し、日本では、毎月5,000円を同じ40年間、利息0.5%で回した場合、最終的に2,656,223円にしかならない。日本では、資産運用自体も困難なように思われる。株式投資など、積極的な資産運用を若い頃から始めない限り、十分な老後の資金を蓄えることは難しいと思われる。

Was this info helpful? Please support by clicking 人気blogランキングへ。



2007年03月11日 News トラックバック:0 コメント:4

Social Insurance System – types of pension insurance

The term “social insurance” captures health, medical, and pension plans and systems in Japan and is most commonly represented by health insurance laws (Health Insurance Law and National Health Insurance Law) and pension laws (Welfare and Pension Law and National Pension Law).

Welfare and Pension Law
“Welfare and Pension Law” is a direct translation of 厚生年金保険 (kosei nenkin hoken), the official name of the law. However, the Ministry of Health, Labour, and Welfare together with the Social Insurance Agency use the term “Employee’s Pension Insurance” interchangeably because Welfare and Pension Law is a workplace-based insurance system that AUTOMATICALLY covers “employees” of companies with 5 or more workers or of incorporated companies, regardless of the employee’s age or nationality.

“The Employees’ Pension Insurance is a superannuation (I have no idea what that term is supposed to mean) system that provides coverage with “Earning-related Pension” payments on top of Basic Pension provided by the National Pension System.” (Social Insurance Agency)

Examples of workers covered under Employees’ Pension Insurance include (1) employees who work under an employer with more than 5 employees, generally regardless of the industry in which the employer operates and (2) employees who work for an incorporated employer such as a kabushiki-gaisha (株式会社). These employees are covered in addition to their National Pension System coverage.

Examples of workers NOT covered under Employees’ Pension Insurance include workers whose employer is unincorporated and operate in industries such as farming, fishery, hotel, salon, law, accounting, and religion. These employees are covered under National Pension System no additional coverage is available.





National Pension Law
Because Welfare and Pension Insurance Law or Employees’ Pension Insurance are designed only to cover corporate employees, other types of workers such as self-employed individuals and business owners are not covered under the Employees’ Pension Insurance. To complement this, “National Pension Insurance Law (国民年金保険法 or kokumin nenkin hoken ho)”, covers all workers who do not qualify for coverage under the Employees’ Pension Insurance system.

“The National Pension system, which is Japan’s basic public pension system, is designed to provide “Basic Pensions” of a common amount for all coverage.” (Social Insurance Agency). Social Insurance Agency’s translation is really bad. I mean, did anyone understand what “Basic Pension” and “common amount for all coverage” means? At WJA, I hold it my mission to provide information on Japanese employment and social insurance related laws in plain simple English.



2007年03月09日 Social Insurance Law トラックバック:0 コメント:2

Social Insurance System – types of health insurance

The term “social insurance” captures health, medical, and pension plans and systems in Japan and is most commonly represented by health insurance laws (Health Insurance Law and National Health Insurance Law) and pension laws (Welfare and Pension Law and National Pension Law).

Health Insurance Law
“Health Insurance Law” is a direct translation of 健康保険法 (kenko hoken ho), the official name of the law. However, the Ministry of Health, Labour, and Welfare together with the Social Insurance Agency use the term “Employees’ Health Insurance” interchangeably because Health Insurance Law is a workplace-based insurance system that AUTOMATICALLY covers “employees” of companies with 5 or more workers or of incorporated companies, regardless of the employee’s age or nationality.

"Employees’ Health Insurance is a workplace-based insurance system that provides financial assistance to company employees and other salaries employees, as well as their dependents, in the event of sickness, injury, childbirth, and death" (Social Insurance Agency).

Examples of workers covered under Employees’ Health Insurance include (1) employees who work under an employer with more than 5 employees, generally regardless of the industry in which the employer operates and (2) employees who for an incorporated employer such as a kabushiki-gaisha (株式会社). These employees are not covered under National Health Insurance.

Examples of workers NOT covered under Employees’ Health Insurance include workers whose employer is unincorporated and operate in industries such as farming, fishery, hotel, salon, law, accounting, and religion. These employees are covered under National Health Insurance.





National Health Insurance Law
Because Health Insurance Law or Employees’ Health Insurance are designed only to cover corporate employees, other types of workers such as self-employed individuals and business owners are not covered under the Employees’ Health Insurance. To complement this, “National Health Insurance Law (国民健康保険法 or kokumin kenko hoken ho)”, covers all workers who do not qualify for coverage under the Employees’ Health Insurance system.

"The National Health Insurance system is designed to help citizens secure a decent living, stable lives by providing financial assistance to self-employed workers, (and other people who do not qualify for Employees’ Health Insurance) and their dependents in the event of sickness, injury, childbirth, and death" (Social Insurance Agency).

Related topics
Health Insurance
Health Insurance (Continued...)



2007年03月05日 Social Insurance Law トラックバック:0 コメント:4

通勤上の空気汚染と労災

昨日Clean Air Task Force から発表された調査によると、ニューヨーカー(ニューヨークに住む人のこと)たちは毎日の通勤のなか、汚染された空気を大量に体内に取り込んでいることが分かった。同社の調査によると、電車・バス内、そして高速道路沿岸に存在する大量のディーゼルガスは、通勤するニューヨーカーの肺に蓄積しているという。「一日の時間のうち6%程度しか通勤・帰宅に費やしていないにもかかわらずそれだけで一日のうちの50%相当の排出ガスに接触している」と American Lung Association of New York の Peter Iwanowicz 氏は言う。





調査はニューヨーク市(ニューヨーク州)、ボストン市(マサチューセッツ州)、オースティン市(テキサス州)、そしてコロンバス市(オハイオ州)におけるディーゼルガス関連の大気汚染について行われた。その結果、これらの市では、自動車・バス・電車内でのディーゼルガス濃度は外の空気の4~17倍高いことが分かった。ちなみに、ディーゼルガスは心筋梗塞や癌の要因となることが知られている。大気汚染と健康を研究する専門家の予想によると、これらディーゼルガスを含む有害物質は、毎年7万人のアメリカ人の寿命を縮めているという。

これに対し、東京の高速道路沿い、バス・電車内のディーゼルガス濃度を調べたところ、環境省、東京都環境局のホームページからは具体的な数字を探すことはできず、唯一東京都環境局が「大都市における大気汚染は依然として深刻であり、八都府県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、三重県、大阪府及び兵庫県)では、低公害車の普及や独自の条例に基づく自動車排出ガス対策等に取り組んでいる。八都府県における平成17年度大気監視結果では、浮遊粒子状物質及び二酸化窒素濃度の年平均値が低減しているなど、一定の改善傾向が見られる。しかしながら、幹線道路沿いに残る浮遊粒子状物質や二酸化窒素の高濃度汚染は依然として深刻な状況にある。」と掲載しているのみであった。国民の健康、強いては幸福に関わる事柄だけに、正確なデータの公表を強く願う。

「通勤」と「健康への害(危険)」と聞くとまず「労災」を考えてしまうかもしれませんが、現行制度上では、たとえ毎日の通勤により体内に蓄積された公害物質が要因となって病気を患っても労災の認定は受けられないものと思われます。一つの裁判所によると、「『通勤による』とは、通勤と負傷等との間に相当因果関係があることを必要とする趣旨であり、これは、通勤に内在する危険が現実化したことを指」し、「通勤途上の交通事故のように一般的に通勤に内在する危険と目されるものについては、これが生じれば通勤に内在する危険が現実化したといえる」としている。病気や健康障害などは、普段の生活習慣が大きく関与しているため、たとえ長年の通勤によって体内に蓄積された有害物質が発病の一要因になっていたとしても、それを理由に、「通勤に内在する危険が現実化した」と捉えることはできないでしょう。よって、通勤のためにディーゼルガスなどの有害物質に大量に接触して、それが一つの原因となって病気を誘発したとしても、それを「通勤災害」として労災認定を受けることは困難と思われる。



2007年03月04日 News トラックバック:0 コメント:2

OSHIMA JIMUSHO Social Insurance Specialist/Administrator

Oshima Jimusho Social Insurance Specialist/Administrator (社会保険労務士・行政書士 大島事務所) has a list of successful engagements including:

- Reduction of office work caused by outsourcing
- Prevention of work pile-ups caused by resignation of office workers
- Lightening the responsibility of entrepreneurs (taking the responsibility of representative company labor consultant)
- Providing solutions for various problems where direct counsel with administration facilities cannot be done
- Helping related administration facilities cope with inquiries
- Procurement of the latest personnel and labor management information (revisions of laws etc)
- Alleviation of employee mistrust towards the company (provide explanations from a legal basis concerning dissatisfaction and discontent)

Oshima Jimusho Social Insurance Specialist/Administrator is run by Mr. Oshima Kazuhiko, a dual professional. He is a registered Gyoseishoshi Lawyer and a registered Certified Social Insurance and Labor Consultant. Born in Okayama prefecture, he holds a Bachelor's degree in economics from Kwansai Gakuin University. His firm, established in 1986, is now in its 21st year of operation. Mr. Oshima is an active participant in Okayama prefecture's professional club and has wide networks.

Oshima Jimusho Social Insurance Specialist/Administrator (社会保険労務士・行政書士 大島事務所)
629-77 NishiTomii
Kurashiki-shi, Okayama 710-0845
Tel :+81-86-421-2601
Fax :+81-86-421-2602
E-mail: kazuhiko@oshima-sr.com

2007年03月02日 Links トラックバック:1 コメント:0

職場夫婦

米国のGallup Organizationの調査によると、職場内にいる異性の同僚と夫婦のような間柄になることは業務効率化とモラル上昇につながることが分かった。と言っても、ここで言う「夫婦」とは、互いの考えが手に取るように分かること、片方の電話の会話を聞きながら横槍を入れること、意見をぶつけ合うこと、内輪ネタを持っていること、互いの夫/妻・恋人の生年月日を知っていること、などを言う。しかし、そんな気心の知れ合った関係をどうやって職場内で築き上げられるのか。答えは職場内での世代変化にある、とSelectMinds社は指摘する。





企業内ソーシャル・ネットワーキング会社のSelectMindsの調査によると、最近の若手社員の多くは職場内で友人のネットワークを作ることに期待していることが分かった。調査対象の約50%の若手社員が、会社が趣味等を基準に社内ネットワーキングイベントを開催しているか否かは、その会社に入社するか・残るかを判断するにあたって一つの大きな要素になる、と回答した。年輩層ではこれは36%程度であった。

また、調査によると「職場夫婦」を持つと毎朝職場に来ることが楽しくなると同時に、職場夫婦がいない場合と比較して7倍程度仕事に熱中することが分かった。さらに、通常30分ほどかかる説明が少々の会話で済んでしまうこともあるという。

Was this info helpful? Please support by clicking 人気blogランキングへ。



2007年03月02日 News トラックバック:0 コメント:2

gays legally united in New Jersey

On February 19, 2007, the state of New Jersey became the third state to offer civil unions in U.S. Civil unions (同性結婚) grant the same legal rights to gay couples as married couples.





Introduced earlier in love or country?, gay people are often hardworking (勤労), tax-paying (納税), law-abiding (法令順守) young men liked by teachers, co-workers and bosses, cats, dogs, and little old ladies. Other than their unique sexual orientation, they’re great resources to a nation just like others.

As Japan’s working population continues to shrink, the nation needs to retain (留める) as much talent from its people as possible. Although Japan has not yet seen an explosion of a nation wide debate over gay marriage, it is only a matter of time with the coming out of so many gay men in Japan. If Japan is reluctant (抵抗) to accept gay union or marriage, more men who constitute Japan’s limited working population would leave Japan for, say, Canada, a popular destination for working holidays and where it is fairly easy to obtain residential status. And now that New Jersey, a neighboring state to New York, has granted (与える) civil union to gay couples, New Jersey may become a popular destination for gay couples to move to.

For gay couples, how much sweeter (いい話) can it get than to be working in New York where it is still the center of world’s businesses, and living in New Jersey where gay couples are legally recognized as couples?

Was this info helpful? Please support by clicking 人気blogランキングへ。



2007年03月01日 News トラックバック:0 コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。