スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

taxes aren't voluntary

A famous jurist by the name of Judge Learned Hand once said:





“Over and over again courts have said that there is nothing sinister in so arranging one’s affairs as to keep taxes as low as possible(節税をすることはそれ自体何も悪しきことではなく、それは裁判所が都度都度指摘するところである). Everybody does so, rich or poor; and all do right(裕福・貧困を問わず誰もが行うものであり), for nobody owes any public duty to pay more than the law demands(誰しもが社会に対し法が求める以上に税金を納める義務など負っていないのである): taxes are enforced exactions, not voluntary contributions(税金は強制的に徴収されるものであって、任意的な寄付ではないのだから). To demand more in the name of morals is mere cant(モラルの名の下に必要以上の納税を求めること事態が馬鹿げたことであるとしか言いようがない).” [Commissioner v. Newman, 159 F2d 848 (Ca 2, 1947)]

This kind of attitude may not be welcomed in the yet bureaucratic(未だ官僚的な) Japan. But I am a big supporter of this saying and this type of attitude is at the very basis of every article introduced in WJA.

Was this info helpful? Please support by clicking 人気blogランキングへ







スポンサーサイト

2007年01月14日 Taxes トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。