スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

gays legally united in New Jersey

On February 19, 2007, the state of New Jersey became the third state to offer civil unions in U.S. Civil unions (同性結婚) grant the same legal rights to gay couples as married couples.





Introduced earlier in love or country?, gay people are often hardworking (勤労), tax-paying (納税), law-abiding (法令順守) young men liked by teachers, co-workers and bosses, cats, dogs, and little old ladies. Other than their unique sexual orientation, they’re great resources to a nation just like others.

As Japan’s working population continues to shrink, the nation needs to retain (留める) as much talent from its people as possible. Although Japan has not yet seen an explosion of a nation wide debate over gay marriage, it is only a matter of time with the coming out of so many gay men in Japan. If Japan is reluctant (抵抗) to accept gay union or marriage, more men who constitute Japan’s limited working population would leave Japan for, say, Canada, a popular destination for working holidays and where it is fairly easy to obtain residential status. And now that New Jersey, a neighboring state to New York, has granted (与える) civil union to gay couples, New Jersey may become a popular destination for gay couples to move to.

For gay couples, how much sweeter (いい話) can it get than to be working in New York where it is still the center of world’s businesses, and living in New Jersey where gay couples are legally recognized as couples?

Was this info helpful? Please support by clicking 人気blogランキングへ。



スポンサーサイト

2007年03月01日 News トラックバック:0 コメント:2

同姓愛の問題って確かに難しいとは思いますが,
恋愛で一番大切なのは,本人同士が相手を必要と
していて,幸せであることじゃないかなと思います。

少子化問題もあるので政府としては簡単に認められないのかもしれないですね。

2007年03月01日 のも URL 編集

のもさん、コメントありがとうございます。おっしゃる通り、同姓間の愛であっても愛であることに変わりはないため、本人同士がどれだけ互いを必要とし、尊重し合え、幸福感を得られるかが大切ですね。

アメリカでは1990年代頃に同性愛についての議論が国政の場に上がりました。もう今から15年以上も前のことです。しかし、未だに国としての方針は確立されず、そうこうしている間に有能な同性愛者達はカナダやスペインなど、同姓結婚を法定に認める国に移住してしまいました。

日本の国政の場ではまだ同姓愛・結婚について議論は交わされていないでしょう。しかし、西洋の影響を受けやすく、また、個性が重んじられつつある日本も早かれ遅かれこの議論は避けて通れないと思います。少子高齢化が進み、労働人口が減少する中、少しでも有能な人材を日本国にとどめておくのが国益にかなうと思うのですが、さてはてどうなることやら…。霞が関の議員さん達には難題になるでしょう…。

2007年03月02日 tkamii URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。