スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

職場夫婦

米国のGallup Organizationの調査によると、職場内にいる異性の同僚と夫婦のような間柄になることは業務効率化とモラル上昇につながることが分かった。と言っても、ここで言う「夫婦」とは、互いの考えが手に取るように分かること、片方の電話の会話を聞きながら横槍を入れること、意見をぶつけ合うこと、内輪ネタを持っていること、互いの夫/妻・恋人の生年月日を知っていること、などを言う。しかし、そんな気心の知れ合った関係をどうやって職場内で築き上げられるのか。答えは職場内での世代変化にある、とSelectMinds社は指摘する。





企業内ソーシャル・ネットワーキング会社のSelectMindsの調査によると、最近の若手社員の多くは職場内で友人のネットワークを作ることに期待していることが分かった。調査対象の約50%の若手社員が、会社が趣味等を基準に社内ネットワーキングイベントを開催しているか否かは、その会社に入社するか・残るかを判断するにあたって一つの大きな要素になる、と回答した。年輩層ではこれは36%程度であった。

また、調査によると「職場夫婦」を持つと毎朝職場に来ることが楽しくなると同時に、職場夫婦がいない場合と比較して7倍程度仕事に熱中することが分かった。さらに、通常30分ほどかかる説明が少々の会話で済んでしまうこともあるという。

Was this info helpful? Please support by clicking 人気blogランキングへ。



スポンサーサイト

2007年03月02日 News トラックバック:0 コメント:2

 ≪職場夫婦≫とは,上手い表現ですね。
この気持ちはとってもよく分かります。いちいち言ったりしなくても動いてくれる相手がいれば,とってもスムーズに仕事もはかどっていきますよね。そういう人が増えていけば,職場の雰囲気もとってもよくなって,仕事をする意欲もわいてくると思います。ただなんとなく仕事をしていても楽しくないですもんね。

2007年03月03日 のも URL 編集

Nomo-san, thank you for your comment! そうですね、男女問わず、やっぱり異性と交流を持つことは楽しいですし、職場にそういう以心伝心的な同僚がいると毎日が楽しいですよね。相手の価値観やプライバシーなどを十分に尊重してあげることから始め、いい関係を沢山の人がオフィス内で築けるといいですね!

2007年03月04日 tkamii URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。