スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Social Insurance System – types of health insurance

The term “social insurance” captures health, medical, and pension plans and systems in Japan and is most commonly represented by health insurance laws (Health Insurance Law and National Health Insurance Law) and pension laws (Welfare and Pension Law and National Pension Law).

Health Insurance Law
“Health Insurance Law” is a direct translation of 健康保険法 (kenko hoken ho), the official name of the law. However, the Ministry of Health, Labour, and Welfare together with the Social Insurance Agency use the term “Employees’ Health Insurance” interchangeably because Health Insurance Law is a workplace-based insurance system that AUTOMATICALLY covers “employees” of companies with 5 or more workers or of incorporated companies, regardless of the employee’s age or nationality.

"Employees’ Health Insurance is a workplace-based insurance system that provides financial assistance to company employees and other salaries employees, as well as their dependents, in the event of sickness, injury, childbirth, and death" (Social Insurance Agency).

Examples of workers covered under Employees’ Health Insurance include (1) employees who work under an employer with more than 5 employees, generally regardless of the industry in which the employer operates and (2) employees who for an incorporated employer such as a kabushiki-gaisha (株式会社). These employees are not covered under National Health Insurance.

Examples of workers NOT covered under Employees’ Health Insurance include workers whose employer is unincorporated and operate in industries such as farming, fishery, hotel, salon, law, accounting, and religion. These employees are covered under National Health Insurance.





National Health Insurance Law
Because Health Insurance Law or Employees’ Health Insurance are designed only to cover corporate employees, other types of workers such as self-employed individuals and business owners are not covered under the Employees’ Health Insurance. To complement this, “National Health Insurance Law (国民健康保険法 or kokumin kenko hoken ho)”, covers all workers who do not qualify for coverage under the Employees’ Health Insurance system.

"The National Health Insurance system is designed to help citizens secure a decent living, stable lives by providing financial assistance to self-employed workers, (and other people who do not qualify for Employees’ Health Insurance) and their dependents in the event of sickness, injury, childbirth, and death" (Social Insurance Agency).

Related topics
Health Insurance
Health Insurance (Continued...)



スポンサーサイト

2007年03月05日 Social Insurance Law トラックバック:0 コメント:4

確かに保険によって生活は守られていますよね。入っていなければ,医療費はすべて実費ですしね。でも,国民年金については払ってはいますが,どうなるのか分からない不安もあり,自己年金もかけています。素朴な疑問ですが,なぜ国民保険と社会保険と分けられているのでしょうか?

2007年03月06日 のも URL 編集

Always appreciate your comments Nomo-san! And my apologies for the late reply.年金制度への不安は日本に限らず、アメリカでも同様にあり、401(k)の発足もそんな不安が一つの要素になっていると思います。私も401(k)に加入しています。

And thank you for your question! 「国民保険」という言葉は実際はないのですが(私が知らないだけかもしれませんが…)、もしかしたら「国民年金」のことでしょうか?国民年金、と想定してお話ししますと、制度上では「国民年金」は広い意味での「社会保険」に含まれています。社会保険は、おおまか、国民(=社会)の生活の安定と福祉を守る(=保険)ためのもの、と考えていただければよいと思います。

なので、社会保険を代表する4つの法律、健康保険法、国民健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法には次の文言が目的として掲げられています。

健康保険法: 「国民の生活の安定と福祉の向上に寄与すること」

国民健康保険法: 「国民保健の向上に寄与すること」

厚生年金保険法: 「生活の安定と福祉の向上に寄与すること」

国民年金法: 「健全な国民生活の維持および向上に寄与すること」

この「社会保険」の中で、国民の健康を向上させるためにある制度が医療保険制度であり、健康保険法と国民健康保険法です。そして、国民の生活の安定を維持・向上させるためにある制度が年金制度であり、厚生年金保険法と国民年金法です。

I hope I haven't missed your question. Please feel free to ask any questions you might have!

2007年03月09日 tkamii URL 編集

こちらこそ,いつもコメントの返信をして頂いてThank you very much m(_ _)m

国民保険ではなくて,国民健康保険でした。会社に勤めると社会保険で,その他の自営業者などは国民健康保険に入るので,まったく別の保険だと今まで思っていました。でも間違っていたんですね。社会保険の中に国民健康保険は含まれているってことですよね?
社会保険も厚生年金と健康保険だけしか知りませんでした。私は保険に関して無知すぎですね。これからもいろいろと教えてください。次の年金保険についても読まさせていただきます。

2007年03月10日 のも URL 編集

こちらこそ、いつもWJAに遊びにきていただいてありがとうございます^^。You're a very valuable subscriber!

はい、のもさんのおっしゃる通り、社会保険の中に国民健康保険も含まれています。この国民健康保険はおっしゃる通り、主に自営業者などの方が加入しています。それに対して、会社に勤めている人は健康保険に加入します。やはりここで気になるには「どっちの方がいいの?」という質問ですが、一般的に会社員の加入する健康保険の方が給付内容が手厚いためいいです。これはまた後の紹介していきたいと思います^^。

2007年03月10日 tkamii URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。