スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Social Insurance System – types of pension insurance

The term “social insurance” captures health, medical, and pension plans and systems in Japan and is most commonly represented by health insurance laws (Health Insurance Law and National Health Insurance Law) and pension laws (Welfare and Pension Law and National Pension Law).

Welfare and Pension Law
“Welfare and Pension Law” is a direct translation of 厚生年金保険 (kosei nenkin hoken), the official name of the law. However, the Ministry of Health, Labour, and Welfare together with the Social Insurance Agency use the term “Employee’s Pension Insurance” interchangeably because Welfare and Pension Law is a workplace-based insurance system that AUTOMATICALLY covers “employees” of companies with 5 or more workers or of incorporated companies, regardless of the employee’s age or nationality.

“The Employees’ Pension Insurance is a superannuation (I have no idea what that term is supposed to mean) system that provides coverage with “Earning-related Pension” payments on top of Basic Pension provided by the National Pension System.” (Social Insurance Agency)

Examples of workers covered under Employees’ Pension Insurance include (1) employees who work under an employer with more than 5 employees, generally regardless of the industry in which the employer operates and (2) employees who work for an incorporated employer such as a kabushiki-gaisha (株式会社). These employees are covered in addition to their National Pension System coverage.

Examples of workers NOT covered under Employees’ Pension Insurance include workers whose employer is unincorporated and operate in industries such as farming, fishery, hotel, salon, law, accounting, and religion. These employees are covered under National Pension System no additional coverage is available.





National Pension Law
Because Welfare and Pension Insurance Law or Employees’ Pension Insurance are designed only to cover corporate employees, other types of workers such as self-employed individuals and business owners are not covered under the Employees’ Pension Insurance. To complement this, “National Pension Insurance Law (国民年金保険法 or kokumin nenkin hoken ho)”, covers all workers who do not qualify for coverage under the Employees’ Pension Insurance system.

“The National Pension system, which is Japan’s basic public pension system, is designed to provide “Basic Pensions” of a common amount for all coverage.” (Social Insurance Agency). Social Insurance Agency’s translation is really bad. I mean, did anyone understand what “Basic Pension” and “common amount for all coverage” means? At WJA, I hold it my mission to provide information on Japanese employment and social insurance related laws in plain simple English.



スポンサーサイト

2007年03月09日 Social Insurance Law トラックバック:0 コメント:2

国民年金保険よりも厚生年金保険のほうがやはりいいんですね。でも老後を考えると,このままではいけないんじゃないかな?と不安になることがあります。今は仕事をしているから収入もあって,好きなこともしていられるけど,老後働けなくなった時にどれだけの蓄えを持っていられるんだろう?と考えてしまうことがあります。年金だけでは正直厳しいですからね。でも,老後のことばかり考えていると,今を楽しめなくなるので,ほどほどに考えるようにはしていますけどね。
なんだか,年金法と離れたコメントになってしまいました。

2007年03月11日 のも URL 編集

そうですねー、確かに老後のことばかりを考えていたら今を楽しめないような気がします。でも、現実問題としてやはり公的年金(国民年金+厚生年金)だけで老後の暮らしを支えることは困難なので、老後の資金を今からちょこちょこ貯めることはとっても重要なことです。終身雇用で大学卒業と同時に入社した企業で退職まで勤め、その会社が退職後、死ぬまで年金を支払ってくれるのであればいいのですが、そんな時代は終わってしまいました。

資本主義社会がどんどんと浸透するなか「自己責任」というものがどんどん重くなってきました。そして、老後のため十分な資金を蓄えておくことも私たちの個人的責任になりつつあります。そんなため、私の場合、勤務している会社の401(k)に加入しているのと、毎月定額を貯金に回し、それが一定額になると都度利回りのよい定期預金に組み入れています。また、少額ですが、株式運用などもしています。その他、Roth IRA という老後の資金を貯める制度への加入を今検討しています。

定期購読している Smart Money という雑誌があるのですが、この雑誌は personal finance の情報を豊富に掲載しています。今からできる退職後の資金作り、なんていったコーナーもありますので、いい記事がありましたらWJAで紹介していきたいと思います。

2007年03月11日 tkamii URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。